2011年02月21日

キーボードの奇妙な反応

Contouredキーボードの検査で奇妙な現象に出会った。原因はどうやらWindowsXPのバグのようだ。

ネットショップ担当者が、Contouredの出荷前に、いろいろな検査をしていたらキーボードの入力状態がおかしくなってしまったというので、別の技術者に確かめてもらった。
なお、リマップというのはキーの場所を入れ換えるContouredの機能で、例えばAキーとBキーを入れ換えたり、通常は親指で押すEnterキーをお好みで別の場所に移動したりできる。

ところで、Windowsでは右Shiftキーを8秒押すと、フィルターキーをオンにするか聞いてくる。通常は8秒も押し続けないと思うが、Contouredキーボードでは可能性がある。
Contouredには、Shiftといくつかのキーを押しながら実行するコマンドがある。右のShiftキーを押した状態で、このあとは何を押すんだっけ、とマニュアルを見てから画面に目を移すと、見慣れぬダイアログにフィルターキーをオンにするか聞かれることになるのである。
また、間違った組み合わせのキーを押した場合も同様の現象に出会うことがある。例えば、リマップ(Remapping)では、Progrm+F12 の組み合わせを使う。これを間違えて、Progrm+Shift+F12でやってしまうと、Shift信号だけがWindowsの方に送信されてしまうようだ。「リマップはProgrm+F12」と念じておけば問題は生じないのだが、メモリーリセットはProgrm+Shift+F10だったりするので、間違いやすい。

皆さん、コマンドを打つときはマニュアルを見ながら正確にやって下さい。弊社から販売したContouredキーボードには、リマップやマクロなどの日本語説明書が付属します。

さて、見慣れぬダイアログからフィルターキーをオンにするか聞かれても、キャンセルをクリックすれば全く問題ないはず、と普通は思う。私もそうだった。
しかし、キャンセルを押したあと、ウィンドウズのキーボード入力を受け付ける部分がおかしくなってしまう。Shiftキーを押さなくても大文字になる。また、半角/全角キーが単独では機能しなくなり、Altキーと一緒に押さなければならなくなる。
でもこれは簡単に直せる。左側のShiftキーを一度押すだけで、大文字入力は正常になり、半角/全角キーも単独で機能するようになる。

DELLのキーボードでも同じ現象が生じたし、別のPCにつないだ古いPS/2キーボード(Logitech製)でも同じだったので、WindowsXPのバグに違いない。なお、Windows7は問題なかった。
posted by Q at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品修理

2010年06月06日

フット用マウスの紹介

フット用マウスは、足でマウス操作を行うための入力デバイスである。ポインタを画面上で上下左右に動かす信号と、左右のクリック信号を出すことができる。ポインタというのは、パソコン画面上で動く矢印のことであり、手の形になったり砂時計の形になったりする。

マウスから出すべき信号としては、少なくとも、ポインタを上下に動かす信号、左右に動かす信号、左クリック、右クリックの信号が必要である。足でこれだけ多くのものを操作するのは、なかなか大変である。

当社のフット用マウスは、片足だけで操作でき、足の指は使わないものになっている。これは、開発当初から守ってきたポリシーである。
両足で操作する場合、体の安定を保つの難しくなってくる。車を運転するときのように体がイスにホールドされている状態にすればよいが、オフィスでそういうイスを用意するのは難しいと思う。また、自由に動かない足の指に操作を負担させるのは酷だと思うし、指を動かすためにスリッパや靴下を脱がなければならない、というのはスマートでない。
世界中を見渡せば、当社のもの以外にもいくつかの足用マウスが開発されている。両足で操作するものもあるし、足の指を使うものもある。

ここで、ポインティングデバイス(マウスなど、ポインタを介してパソコンを操作する入力デバイスの総称)の普遍的な(足用に限らず、ということ)特性について考える。
ポインティングデバイスに必要な特性としては、ポインタを精密に動かせること、すばやく動かせること、操作感覚の一致などがある。精密な動きは、図を微調整したりウィンドウを整列するときに要求される。すばやい動きが必要なのは当然だろう。操作感覚の一致というのは、例えばドラッグをするときに必要になる。

ドラッグというのは「引きずる」という意味である。デスクトップ上でアイコンをずるずる移動したり、ウィンドウの縁をつかんで大きさを変えたりするのは、まさに、引きずる、という操作であろう。
手で動かす普通のマウスの場合、ボタンを押しながらマウスを動かせばドラッグになる。これは、引きずる感覚に近いはずである。つまり、マウスを引きずるように動かせば、画面上で引きずるようなポインタ操作が実現される。このように感覚が一致すれば、快適な操作といえるだろう。

ノートパソコンに付いているパッド式のポインティングデバイスでドラッグを行うとき、一つの指でボタンを押しながら別の指でパッドをこする。この動作は、引きずるという感覚からは遠い。従って、快適な操作とは言えないと思う。パッド式により、精密かつすばやい動きがマウスと同程度に行えたとしても、快適さという視点ではマウスの方が優れていると思うのである。もちろん、薄いスペースに収容できるという大きなメリットはある。

精密な操作とすばやい操作は、相反する特性である。
例えばマウスの場合、マウスを大きく動かしてもポインタが少ししか動かなければ、精密な操作となる。マウスをラフに動かしても、ポインタを例えば1ドットだけ動かせるようになるからである。一方、マウスを少ししか動かさないのにポインタがたくさん動けば、すばやい操作となる。
従って、何の工夫もしない場合、精密な操作を重視すればすばやい操作が犠牲になり、逆もまたしかりである。マウスの場合、加速という手段により両立させている。

さて、足用のマウスもポインティングデバイスであるから、精密な操作、素早い操作、操作感覚の一致が必要となる。

当社のフット用マウスでは、足を乗せるペダル(足置部)を前後左右に動かすとポインタも同じように前後左右に動くようになっている。ペダル可動範囲のうち、周辺部ではバネの反力が働くようになっている。言い換えると、中央付近ではペダルは自由に動くが、可動範囲の縁に近づくとバネによって押し戻される。
自由に動く範囲では、ポインタはマウスと同様に操作される。ペダルを動かした距離にほぼ比例した距離だけポインタが移動する、ということである。バネの反力を感じる範囲では、ジョイスティックと同様に操作される。こちらは、バネに与えた力にほぼ比例した速度でポインタが移動する、ということである。

かなり大雑把に言うと、中央部の自由に動く範囲で精密な操作を実現し、バネの反力を感じる範囲ですばやい操作を実現している。
自由に動く範囲では、マウスと同様の加速を与えている。また、バネの反力を感じる範囲では、空間的な加速と時間的な加速を与えている。このあたりは、言葉だけで理解して頂くのは難しい。フット用マウスを購入あるいは試用して、実際に体験して確かめて頂くしかない。

当社のフット用マウスでドラッグを実現する動作は、(1)ペダルを動かしてポインタをアイコンの上にもっていき、(2)つま先でペダルを踏み、(3)ペダルを前後左右に動かしてアイコンを目的の場所に移動させ、(4)ペダルを離す、というものになる。
この動作は、地面の上に置かれたものを足でずるずる引きずる動作と一致するため、画面上のポインタ操作と、足動作の感覚が一致することになる。従って、フット用マウスによるドラッグは快適な操作といえるだろう。

前述のように、当社のもの以外にいくつかの足用ポインティングデバイスが開発されている。しかし、当社のフット用マウスが、最も優れた構成であると自負している。
posted by Q at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 足入力デバイス

2008年07月23日

コンタードキーボード修理

何日か前にコンタード(Contoured)キーボードを買われたPさんからメールが入った。Bキーが引っかかるそうで、ときどきBBB…となるとのこと。
多分キースイッチの不良で、今あるテスト用コンタードのキースイッチと交換すれば直るだろうと思った。
Kinesis社を訪問したとき、製品輸入の際に修理パーツも一緒に送ってくれると約束したのだが、送ってもらうのを忘れたため、修理パーツは現在手元にない。

テスト用コンタードのケースを分解し、プリント基板から出ているキースイッチの足からハンダ吸取機でハンダを取り除いた。
これでキースイッチが外せると思ったが、キースイッチはキーウェル(片方の手の人差指〜小指で押すキーの一組)のベースに接着剤で固定されている。この接着剤を取り除かないとキースイッチを外すことは出来ない。
キーウェルの端にあるキースイッチなら接着剤を取り除くことができるが、キーウェルの中央部に配置されたキースイッチ(SとかDとか)はどうするのだろうか?

KinesisのW社長にメールで聞いてみた。代理店でそこまでやるところはないとの回答。ネジを外してキーウェルを丸ごと交換する程度のことしかやらないそうだ。
技術力をほめられたが、一度ハンダ付けされたキースイッチを修理に使うのはすすめられないとも書いてある。確かに、一度ハンダ付けされ、ハンダ吸取機で取り外され、再びハンダ付けされると、熱が3回加わることになる。
あるサイトの情報によると、このキースイッチの寿命は1000万回となっている。マウスのクリックに使うスイッチの寿命は30万〜100万回であるから、かなりの高品質で、想像以上にデリケートなのかもしれない。

新品のキースイッチを急いで送ってくれることになり、それと交換することにした。キースイッチが届いたのでPさんのキーボードを分解した。
なんと前述の接着剤がはみ出ており、キーキャップ(文字が印刷されたパーツ)を強く押すと、接着剤に当たり、くっついてしまう。これが原因で戻りが悪くなり、引っかかっていたのだ。
はみ出した接着剤を取り除いたら、他のキーと同様の心地よいキータッチになった。

この何日かキースイッチと付き合ってみたが、確かに高品質に出来ているようだ。キータッチのフィーリングはほとんどキースイッチにかかっているのだから、当然と言えば当然だ。
故障やトラブルが生じたときキースイッチを疑う順位は、下位にした方がいいようだ。
posted by Q at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品修理

2007年06月06日

新しい形状のUSBメモリ

先日某社より、トランシーバの形のUSBメモリを作ってほしいという依頼が入った。形状が少し複雑なので、実物を送ってもらっておいた。
そして今日、台湾のX社を訪問した。

技術者のY氏とトランシーバを前にして、どのように製作するか検討した。実物と同じ形状に作れれば一番よいのだが、それでは金型代が膨大になる可能性がある。
最少注文数を抑えるためには、金型コストを低くしなければならない。コストを低くするため、金型は基本的に2つの部分だけで構成されている。この金型によれば、成型(形ができること)と同時に色付けもできてしまう。

主要な部分が2つだけの金型から、成型後のUSBメモリを無理なく取り出すためには、形状が限られてくる。金型に引っかかる形状ではダメなのである。
Y氏といろいろ議論し、元のイメージを壊さないようにしながら、トランシーバに付いているたくさんのスイッチの位置や形を変え、一部を省略して、なんとか成型可能な形状にもっていった。
また、長く飛び出たアンテナがポキッとなりそうなので、柔らかい材料を用いることにした。

余談だが、台湾や香港のビジネスパーソンは欧米風の名前をもっている。
外国人(日本人を含む)を相手にする人だけかもしれないが、私が付き合っている数社の数十人は皆、欧米風の名前である。技術者Y氏の名前はMikeだ。
彼らとやり取りするメールや会話はすべて英語なので都合がよいとも言えるが、日本人がローマ字の名前を使うのと大きく異なる。

英語が全くできない人でも欧米風の名前をもっている。
ある会社の製造ライン担当の人はIvyという名前だった。この人と会話することはない(共通の言語がない)のだが、製造工程などについて打合せるときに、この人のスケジュールを話題にすることはある。従って、名前を発音しやすく覚えやすいのは便利である。

何年か前、輸入したマウスに不具合が見つかったとき、数千個のマウスをさいたま市にある当社で修理することになった。このとき技術者と一緒に来日した組立専門の女性も、ちゃんと欧米風の名前だった。
ただし、この女性の名刺は急いで手作りしたようなものだったので、名前も急いで付けたのかもしれない。

台湾のあるマウス会社の総経理(社長のこと)によると、欧米風の名前は社会人になるときまでに決めるそうだ。中国語の本名に発音が似ているものを選んだり、好きな人物の名前を付けたりする。
一度付けた欧米風の名前を途中で変えるケースはあまりないが、この総経理の場合は一度変えたとのこと。
posted by Q at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張